そして誰もいなくなった 〜 ツァイスの残り火  Planar 50mm F1.7 〜


所有のツァイスレンズも数を減らし、たった1本が残ったよw

50mm F1.7、一番始めに買ったCONTAXのレンズ。
同じ50mmでも、F1.4モデルは「標準レンズの帝王」みたいな称号?を得る
俗に言う「銘玉」というモノ。

50mm標準という時代には、各社開放の明るい上位モデル、開放値を抑えて求め易くした
普及モデルの2ラインナップ、あるいは3ラインナップというメーカーもあった。
そんな時代、もっとも安く買えるPlanar が、この 50mm F1.7 だった。

開放1.4モデルは使った事ないので何とも言えないのだが、きっと イイわ ♡ って
思うんだろうなw..... セコハンで買ってもいいが、レンズの増殖は抑えにゃならんし。

1.7モデル、つぶらな瞳というよりも、ピスタチオのようなギャル曽根wの瞳ってトコかなw......
魅惑の吸い込まれそうな感はないのだが、マジマジと眺めると反射するコーティングと、
透き通る柿田川湧水のような?良さがある、なんか比喩が異常w.....そんな大した事ないか。
実際に写してみたら、結構イイのねこれが。


a0284658_08391032.jpg

夕方、正直暗い状況で自然光で無理やり写したユリ.....ちょいと末枯れてますw
ピントも怪しく....まあ雰囲気だけね。

a0284658_08392111.jpg

紫陽花。
同じ時間帯に、やはり暗い状況で絞り開放で写す。

どちらも色調は調整せず、露出のみ微調整......
山に鳥撮に行けないので、近所の花めぐりの日々である。

 ( Panasonic G6 + Y/C Planar 50mm F1.7 )



[PR]
by soma_gatto | 2018-05-29 08:54 | Comments(0)