結実しつつあるノジマステラ神奈川相模原 〜 対AC長野パルセイロL 戦 〜


GW終わりのギオンスでのホーム戦、ノジマステラ神奈川相模原 vs AC長野パルセイロレディース戦を見た。

AC長野とは今季すでにカップ戦を戦い、ノジマステラが 3対0 で勝利している記憶もまだ新しい。
AC長野が、なんの対策もせずにやって来る筈もないだろうと思っていたし、それは当然だと思うよな。
拮抗した試合展開になるんじゃないだろうか?という想像をしていたオイラ。

だが、試合が始まるとその想像は完全に違っていた。
開始1分、いきなりFW南野の先制、50点目のなでしこリーグ・メモリアルゴールから試合は俄然ノジマステラの
ペースで動き出した。
前半で2点をリードする展開になり、ノジマステラ優位の展開....2点目も南野のゴールだった。

後半に、石田、田中(陽)、南野のゴールで5点の大量リードとなった。

a0284658_15315927.jpg

a0284658_15335376.jpg

石田のシュートが決まって.....からの、抱擁、歓喜のダッコちゃん状態w

a0284658_15360826.jpg

その後の、たなよう のシュート....一旦キーパーに弾かれるものの、それを更に押し込んでゴール。

a0284658_15383329.jpg


a0284658_15430829.jpg

石田の5点目アシストの場面のセンタリングは、南野へ......

a0284658_15591849.jpg

南野、ハットトリック達成!

a0284658_16023486.jpg

a0284658_16125617.jpg


素人目に見ても、この日のノジマステラは別のチームのようだった.....みたいなね。
選手というピースの配置もあると思うが、攻守の連動は実に見事で、これこそが監督の目指すチームの姿で
あるのかという感想を持ったよ。

なでしこ一部リーグの試合で、大勝するというのは殆ど想像がつかないし、実際に1点差の拮抗した試合が多い。
何度か書いたけど、AC長野には二部時代に 0対6 という屈辱的なスコアで大敗した苦い記憶がある。
江戸の仇を長崎で討つ... そんな言葉が当てはまるかのような勝利であった。

皆良かったけど、#7 川島はるな が得点こそなかったものの、凄く良かったように見えた。

a0284658_15482482.jpg

次からはアウエイ戦が続くのかな。
リーグ戦一巡目も終わり近くになり、そのアウエイで勝ち点をどのぐらい積み上げるかが楽しみだよ。

この大勝で浮かれる事はオイラはないな.....。
ノジマステラがなでしこ一部リーグで優勝する日まで、浮かれ気分はとっておくよ。

お終いは、次世代のノジマステラを担うべき、若き後継者たち....

a0284658_16073813.jpg

選手の皆さん、敬称略スマネ......チャオ!!




[PR]
by soma_gatto | 2018-05-13 15:22 | Comments(0)